Skip to content

先進国回帰傾向にある今後の金利の動き

ここ最近の日本の金利はゼロ金利やマイナス金利などと印象的には良いイメージが湧かない言葉がニュースなどで投資を行っていない一般の人も次々と耳にするようになってきました。
と言うことで、今回は外貨投資に関連した金利の話をしていきたいと思います。

アメリカでは2015年の12月に7年もの間続いた金利政策としてのセロ金利政策を中止し、利上げに踏み切った事は御存じの方も多いのではないでしょうか。
現在、世界中の金利を見てみると、途上国では高金利にますます拍車がかかっていますが、我が国日本とヨーロッパなどではゼロ金利どころか、マイナス金利に。
そして先進国の多くがゼロ金利となっています。
外貨投資を検討している、もしくは現在外貨投資を行っているという方はこの現在の状況は投資スタイルの見直しの転換期に入っているだろうという見方をする経済ジャーナリストやプロ投資家も居ます。

この利上げ、実は為替レートと深い関わりがあります。
為替レートは1つの要因だけで変動するわけではなく、様々な要因が重なって変動を続けているわけですが、金利政策は為替レートを動かす大きな要因の一つとなります。
例えば、日本円と米ドルを例に考えてみると、円とドルの金利の差が大きいほど米ドルを購入する投資家が増え、日本の金利が上がったりアメリカの金利が下がるなどした場合には多くの投資家が日本円を買い戻すという事を行い、円安ドル高の結果に繋がりやすいと言われています。

外貨投資の世界での基本は“円高で外貨を購入し、円安時に日本円を買い戻す”と言う事が基本になります。
しかし、FXの場合には事情が異なり、円高で購入して円安で売るという逆の動きを行います。
これは投資した時点から円高が進むと利益を得やすくなるため通常の外貨投資とFXとでは逆の動きになると言われています。

2016年に入って投資マネーは新興国から先進国に回帰する動きになると言われており、その転換期がアメリカの利上げに踏み切った事が大きな流れを変えるきっかけだったと考えられています。
今後の先進国各国の金利政策及び金利には目が離せません。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *