Skip to content

「ゼロ金利経済の日本」、だから外国為替で高金利を得る。

 日本の財政が巨額の財政赤字を抱えていることは周知の事実です。その原因は言うまでもなく少子高齢化による社会保障費の膨張と人口の減少による内需激減による経済低迷、その結果としての税収不足です。巨額の赤字を返済するためにも、国内投資を活発化し経済成長を促進し税収の向上を図るにしても、日本経済をインフレ基調に変化させるため政府・日銀が低金利政策を継続させることはやむを得ないことです。
 こうした状況の中で資産形成を図る手段として考えられるのは言うまでもなく高金利の状態にある国の通貨で金融資産を保有することです。外国為替を利用して資産形成を図る手法としては主に2つ考えられます。一つは今ブームでもあるFX(外国為替証拠金取引)ともう一つは常識的で手堅い外貨預金です。
 周知のとおり外国為替は日々刻々激しく変動します。特に高金利通貨を発行している新興国では政変等のファンダメンタルズの変化が突然起こり不確実性が高い傾向があります。FXは外国為替の変動によって短期的に巨額の利益を獲得することも可能です。ポジションの取り方によってはスワップポイント(金利差)で利益を出すことも可能です。高金利の通貨はFXでも魅力的な通貨です。しかしFXはまた外国為替の変動の動向によっては大きな損出を生み出すリスクもあります。
 一方、外貨預金であれば、少なくとも長期保有を考えるならば外国為替の変動によって大きな損出を出すリスクが少なくなります。外国為替の変動で元本で多少目減りすることがあったとしても高金利の収益で元本の損出を相殺しトータル黒字になる可能性が高くなります。このどちらを選ぶかは投資家の保有資産大きさ、資金繰りの状況、日本の経済状況、外国為替市場の状況からトータルに判断されるものでしょう。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *