Skip to content

政策金利が大きく関係する外貨預金に関する疑問

資産運用にも様々な方法がありますよね。
ハイリターンは期待できないけれどローリスクで収まる方法を優先したい!という方は、無難に銀行への預金を選ばれているのではないでしょうか?
しかし銀行の定期預金に預けたとしても、金利はわずかでしかありません。
例えば1年定期に100万円預けても金利は何百円程度。
だったら少しぐらいリスクが高まっても良いから、リターン率を大きくしたい!と考える方も出てくるはずです。
投資信託、株式投資、FXなど方法はいくらでもありますが、中でも注目されているのは外貨預金です。
効率よく資産運用したいのであれば、外貨預金に関しての知識も入れておくことをおすすめします。

しかし外貨預金って何のこと?と、疑問に感じた方もいるはずです。
そこで簡単かつシンプルに外貨預金について説明したいと思います。
そもそも日本の政策金利(金融政策上の金利)は、ここ数年の間ずっと低い位置を維持しています。
しかし逆に高金利国と言われている国々があるのもまた事実です。
外貨預金は、いかに低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うかが重要であり、どの“通貨ペア”なら利益を生むかどうか、どのくらいの利益を得られるかの鍵となるのです。
政策金利が大きく左右するだけあり、常に政治や情勢には敏感になっておかなければいけません。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *